本日 5 人 - 昨日 13 人 - 累計 18648 人 サイトマップ

当店について

  1. HOME >
  2. 当店について
創業100年の老舗です

竹川桐材店は、日露戦争から間もない1907年(明治4 0年)頃に、阪ロ勇造(本名;米造)・吉松兄弟が、鋸(のこぎり) ・鈍(なた) 、荷車があれば商売ができるということで始められたそうです。
店主(竹川忠成)の祖母は阪口勇造の娘で、それまでの商売より桐材の方が良いとの判断で、1917年(大正6年)頃からは祖父・忠司が 「竹川忠司商店」として本格的に事業化しました。それを引き継いだ父・忠雄が「竹川桐材店」と屋号変更して、私(忠成)で3代目となり、現在は長男,忠司が4代目を継いでくれています。

画像


仕入先



当店の仕入れ先は、創業当初の奈良・吉野地方から北陸地方、福島・会津地方、秋田・湯沢地方へと原木量の減少にともなって、仕入先が移り変わってきました。
1973年頃より東京の輸入業者が、「幻の木」と銘々した材質の良い原木を輸入し始めたことをきっかけに、当店でも海外視察等で買い付けルートの確立をするなどしながら、1978年頃から輸入材を扱うよぅになりました。

現在では、一年間に輸入材を約150㎥、内地材約80㎥を仕入れています。
画像